小規模事業者を支援し地域経済の振興を

f0376300_14143247.jpg

前橋市と群商連との懇談―県内自治体キャラバン
 31日に大野群商連会長をはじめ前橋民商会員らが小規模企業振興基本法に基づき、中小業者施策の拡充、地域経済の振興を求める要請書(13項目)を手渡し、前橋市の担当部局と懇談しました。党市議団も同席しました。
 「小規模企業振興条例を群馬県が今年4月に制定したので、前橋市も制定してほしい」と要請しました。市は「すでに中小企業振興条例を制定しているので改めて制定しないが、この条例そのものが小規模企業を想定したもので、現在進行している産業振興ビジョンにも反映させたい」と回答。
 また、中小企業・小規模事業者が自立できる環境
は地域での仕事起しによる循環型の経済振興策が必要。住宅や店舗を対象にした改修への助成事業が抜群の効果を上げている。県内24自治体で実施されているので前橋市も復活・拡充してほしい」と要請しました。市は「空き家対策でリフォーム工事などに助成しているので予算がない。商店の改修については対象店舗の拡大を検討している」と回答。
前橋民商から「空き家も住宅改修も両方取り組んでほしい」と要望しました。
[PR]
by yoshie-kondou | 2016-11-02 14:16 | 市交渉
<< 市議選勝利へ楽しく元気に交流し... 朝の宣伝 >>